AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるのでプロペシアを使う前にどういった副作用が起きる可能性があるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で最も重いものは肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアは元々前立腺がんの治療薬だったので前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

この他にも長期間の服用で男性なのですが乳癌を患ったりアレルギーや鬱の発症も副作用として起こり得るとされています。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい効果が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

医療保険が適用されませんので実費となるのですが市販されている薬よりはるかに効き目があります。

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬も有効とされていますので、そちらを使うのも良いでしょう。

プロペシアと同様にミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められているので信頼できる薬といえます。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用と服用する内服薬がありますが、日本国内でAGAの治療に認められているのは外用薬だけとなっています。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛(副作用の1つ)を起こすことがあります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは変な薬なんじゃないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬が効き始めている証拠なので心配する必要は全くありません。

初期脱毛で抜ける毛というは細く弱い不健康な髪の毛のためそれらが抜けた後、健康で丈夫な毛が生えてきます。

初期脱毛は治療を開始してから1、2ヶ月期間と発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも同様の副作用があります。

AGAというものはDHTという男性ホルモンの影響することで髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAになると髪の毛が十分に発達する前に脱毛してしまうので髪質が細くなり短い髪の毛ばかりが残り薄毛が目立ってくるのですAGA治療にはプロペシアという飲み薬を用いてDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

他にはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

2つの方法で治療することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。

AGA治療を始めたいと考えているけど何科なのか分からないという人もいると思います。

AGA治療というのは基本的には投薬治療となりますので受診する科は内科か皮膚科になります。

ただし、プロペシアの処方を行っていない病院もあるので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門ではないのでAGA専門の病院へ行った方が間違いはありません。

中には、調剤薬局で買うよりずっと安い価格で薬をで処方してくれるところもありますしメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

AGA治療は保険適用外になりますので費用は全額自己負担になってしまいます。

日本でAGA治療が開始された時は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

又、保険が適用されない医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の裁量で好きに設定することができます。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので薬代以外にも、再診料や診察料もかかります。

AGAは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人間の身体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれますから健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪の毛に欠かせない栄養素も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流を良くするよう心がけなければいけません。

運動不足は血管を収縮させるので薄毛治療にはよくありませんし喫煙も薄毛治療の大敵となります。

頭皮が固かったりうっ血している人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

AGAというのは遺伝により発症するものですので個人の体質が肝となるのは間違いありません。

AGA治療は対症療法なのでAGAが完治するというものではないのです。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

しかし、AGA治療薬も医薬品なので副作用がありますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですから、ある程度の所まで発毛して薄毛が改善したらAGA治療を途中でやめるという決断をするのも1つの方法です。

ネットでAGA治療について検索してみたところ画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中にはヤラセや都市伝説みたいなサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

AGA治療で、初期脱毛が起こることもあるので実際の体験談が記載されていると心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛にお悩みの男性が多いという事なのでしょう。

AGAは遺伝により発症しますから治療で完治するものではありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので遺伝子レベルの治療をしない限りは完治しません。

つまり、AGA治療をやめてしまえば抜毛や薄毛は復活してしまうのです。

しかしながら、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用が危惧されますから、一生使い続けることには問題があります。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますから子作りなどのタイミングがやめどきだと思います。

AGA治療は保険適用はありませんので治療費は全て自己負担になります。

内服薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので診察料は1回、3000円ほどかかることになります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから1ヶ月で1万円を超える治療費がかかることになります。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも使われていますから医師の診断を受けなくても買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合している育毛剤にはリアップX5がありますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。

AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人はお笑いコンビの爆笑問題のお二人でした。

爆笑問題がCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌はハゲの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

AGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしている方も増えましたよね。

最近では、育毛剤のCMに二枚目俳優さんやロックシンガーの方の起用も増えてきたのでAGAの治療に踏み出すハードルがかなり下げられましたね。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、全然効果ないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGA治療を安くしたいのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

ミノキシジルが配合された塗り薬なら医師の診断を受けずに買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入することは違法ではありませんが安全面での保証がありませんのでやめたほうが賢明です。

頭皮の血行促進がミノキシジルの育毛効果なので同様の効果がある保険適用薬を使えば安くすることができます。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

医薬品なので調剤薬局でなければ手に入らず保険が使えないので価格が高いことが難点でした。

最近ではプロペシアでもジェネリックが販売されるようになりAGA治療開始当初の半額以下で入手することが可能になりました。

ジェネリック医薬品とは特許期間を過ぎてから開発される医薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますから短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

AGAというものは男性に見られる脱毛症であり女性で発症することはありません。

原因は男性ホルモンにあると言われており治療薬は男性ホルモンを抑制する薬品を使います。

AGA治療薬としてプロペシアという薬が使われますが、この薬はDHTの生成を抑制することで効果を発揮するというものです。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短いと頭髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうので髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

引用:薄毛治療におすすめ!費用が安い駅近のAGA治療病院&クリニック