低金利の教育ローンの審査に落ちないために

大手・地方問わず銀行の教育ローンは一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですしローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が低くなる銀行もあります。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるのでまずは事前診断を行ってみて借り入れ可能か診断してみましょう。

仮審査の申し込みもWebで行えますし24時間受付け可能な点も便利です。

仮審査の申し込み手続きが完了後に受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

教育ローンでいくらまで借りられるかは融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。

国の教育ローンの場合、最大限度額が350万円です。

民間の銀行の場合は300万円から1000万円程度となっています。

進学先が医学部、歯学部などであれば、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、信販会社は大学や専門学校などと提携している場合があり、借りたお金が直接学校へ振り込まれるため、寮費や交通費などに利用することができなくなります。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

一般の人でもローンを組むことはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも仕送り代なども認められている点が面白いですね。

教育ローンの金利というものは、融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の場合、口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法というのが、2種類あり変動金利と固定金利という違いがあります。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合この一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴はローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが想像以上に学費等に費用が掛かってしまった場合、新たにローンを組む必要性がでてきてしまいます。

教育ローンもローン契約なので利用するためには審査をクリアする必要があります。

審査を受ける際にいくつか用意するものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

そのほか、運転免許書など本人確認書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

しかし何より一番肝心な書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

教育ローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で1番おすすめしたいのは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校だけでなく中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料のみならず教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、働いていなければなりませんから無職や年金受給者は借りることができません。

正社員である必要はありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規雇用の人は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

また、年収は200万円を下回るようであれば審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

返済期間は医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長くなるほど返済金額が増えていきますので気を付けねばなりません。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので返済シミュレーションを必ず行い、返済プランをきちんと立てることが大切です。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?普通のカードローンと同じでカードの限度額の範囲内であれば借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

通常のカードローンとの違いは使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

信販会社や消費者金融に多い商品なのですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

教育ローンというローンをご存知ですか?教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

申請者は学生の親であることが多く学費などの支払い目的で教育ローンを組むという方が多いようです。

高校や大学、専門学校の学費や私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

注意しておきたい点として借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンは親御さんなど保護者が借主となるのですが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。

借り方についてですが教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後から開始となります。

金利が低い教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

1.76%という低い金利が特徴的で銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

銀行の場合3から5%、ノンバンク系であれば5から10%が一般的なので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

しかし、教育一般貸付は、低所得者の学生を救済するためのローンになりますので対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。

引用:教育ローンの金利を徹底比較!来店不要で審査も速い教育ローンの決定版!