人探しなら警察へ届け出て探偵事務所にも相談

連絡がつかなくなった相手を探したい、というときにみなさんはどうしますか?多くの人は警察への届け出を考えるかもしれませんが探偵による人探しは地道な尾行や聞き込みが中心となっておりそうすると利用を考えるのが家出調査が得意な探偵への依頼です。

探偵による人探しは聞き込みや張り込みが基本となっているので場合によっては時間や人手がかかります。

携帯会社や役所などに住所などの情報を開示してもらえばいいんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますが基本的に請求しても教えてもらえません。

稀に、弁護士の所属する探偵事務所もあり、見つかった後のアフターフォローもそのまま進められる事務所もあります。

学生時代の友達に久々に連絡をしようと思ったら連絡がつかなく他の友達も連絡先がわからないということがありました。

そこで行方不明者に関して気になったので調べてみました。

自力で探すのも1つの手段ですが探せる規模に限りがあります。

実際はその倍以上になると言われています。

自力との大きな違いとして、とにかく機動力が違います。

自力で集めた情報から専門家の視点で新たな発見があったり、地道な聞き込みや張り込みなどを行うことがしやすくなります。

また、探偵に依頼すると個人情報保護法の観点などから1週間以上経ってからの依頼では発見率に大きな違いが出るそうです。

この前、探偵の方と話をしていて驚いた話があります。

それは、毎年8万人以上の行方不明者がいるという話です。

これは警察に届けられた件数だけなので実際の数はその何倍にもなると言われています。

早く探し出すことが重要とされ、緊急性の高さや失踪原因からベストな方法を選ぶ必要があります。

家出調査と同様にまず最初に行う必要があるのは通帳や印鑑、常備薬などがなくなっている場合は意図的な家出であると推測できます。

最近では、昔ながらのビラ配りと並行してSNSを活用して探す場合も増えています。

もし、誘拐や遺書などが見つかった場合は警察に届け出をしましょう。

他には、探偵への調査依頼を行うことも考えておきましょう。

浮気調査や家出調査などの独力で行うのが難しい調査を行ってくれる探偵業ですが気になるのは期間や費用ですよね。

浮気調査の場合では、総額が10万円?100万円とピンキリです。

基本的に浮気調査にかかる費用の大半は人件費となっており1時間あたり調査員2名で平均1.5万円?2万円になっています。

期間に関しても、浮気の度合いなどどの証拠をどれくらい得たいかによって調査期間も費用も大きな違いが出ます。

調査が早く完了したらその分だけ費用も安くなるので料金が高そうで不安、という方は無料相談窓口を利用したり依頼時の打ち合わせで期間や集める証拠などを確認しておきましょう。

世の中には色々なサービスが存在しています。

中にはお願いしても成功が保証できないサービスもあります。

例えば家出調査などを行う探偵事務所への依頼です。

どういった理由で失敗してしまうことがあるかというと探している人が行方不明になってから長期間が過ぎていると古い情報を手がかりに探すことになり、場合によっては捜査範囲もそうすると手がかりがほとんどなくなってしまいます。

また、もし対象が見つかっても居場所を教えられない場合もあります。

DVが原因による家出の可能性がある場合はそもそも依頼を断られることが多いです。

しかし、最短で見つかる可能性が最も高いのも事実なので家出調査は探偵に依頼しましょう。

家族の家出などで行方不明になる人は毎年8万人以上になります。

これは警察に届出があったものだけなので実際はその倍以上と言われています。

家出調査を探偵事務所へ依頼すると料金が発生しますが高額になる状況やできるだけ安く抑える方法はあるのでしょうか。

高額になりやすいとされるケースが探したい人が認知症などを患っている場合や行方不明になってから長い時間が経過している場合などです。

人探しの難易度については依頼前に確認しましょう。

例としては、探したい人の身体的特徴や失踪当時の服装、例えば、探したい人の身体的特徴や失踪の原因と考えられることなどです。

普段あまりなじみのない方が多いと思われる家出調査サービスですが依頼を出す場合、いつまでにするのが良いのでしょうか。

調査結果としては、家出から数日立って連絡がなければすぐに警察に届け出て探偵や興信所へ依頼しましょう。

探偵の方のデータによると、家出・失踪から1週間以上経過していると一気に見つかる確率が低くなるそうです。

喧嘩した旦那の家出だからと甘く考えてしまい時間が経過してからの依頼では行動を予測するのも難しくなっていきます。

また、見つかるのに時間がかかりすぎてしまうので費用がその分高くなってしまうので、早めに相談・依頼をしましょう。

行方不明者を探偵事務所へ依頼すると探してくれるサービスの総称を家出調査というそうですが家出調査とはどんなサービスなのでしょうか。

自分で探しても見つからず、警察に届け出ても一向に情報がないという場合も多くあります。

家出する原因で多いものは「不倫や浮気」、「借金」などが挙げられますが家出人の所在がわからないと原因を解決できません。

また、見つけるのが遅くなるほど事件に巻き込まれる可能性が高くなります。

そのため、大手事務所などは独自の情報網を敷いて警察同様の調査ができます。

また、家出してから期間が空いていない場合は、警察犬を育成している事務所も増えているので活用をオススメします。

先日、探偵ものの作品を見ていたときにふと疑問に思ったことがあります。

それは実際の探偵業ではどんな仕事をやっているのかという疑問です。

同じ疑問を思い浮かべた人は多いのかネット上にその疑問を解決する答えが見つかりました。

実際に行なっている仕事ランキングの1位は浮気調査のようです。

1分単位で対象者の行動をいつ・どこで・何をしていたか記録します。

浮気調査の調査報告書は証拠としての信頼性が高く離婚調停などの裁判になったときに有利になります。

次に多いのが家出調査です。

家出とついていますが友達などの失踪者探しも含まれます。

家出するのが特に多いとされる年代は10代・20代という話もあり、受験の失敗や非行、いじめなどの理由が多いようです。

近年の人探しではアプリの活用が増えています。

これは家出調査でも使い方によっては役立ちます。

例えば、iPhoneに最初から入っている「iPhoneを探す」機能や「友達を探す」機能を使うとネット接続できて入ればGPS位置が取得できて今どこにいるかわかります。

ただ、相手側がGPS位置の取得を許可していないと有効とは言えません。

他にも盗難防止のアプリなどでも現在地情報の取得ができます。

盗難防止系のアプリはPCからスマホへ遠隔ロックをかけたりアラームを作動させたりカメラで周りの景色の撮影もできます。

こういったアプリを活用する際の注意点として、ネット上には間違った情報があることは頭に入れておかなければいけません。

インターネット上で家出調査について調べているとこういった質問を見かけます。

息子が家出した、探偵を利用したほうがいい?という内容です。

おそらく、10代、20代の子供を持つ親の質問だと思います。

基本的には依頼したほうが絶対にいいです。

その理由としては子供が家出をするときは其れ相応の覚悟をして家出します。

例えば、親とのケンカで家出した場合は待てば帰ってくるということもありますが何回か続くうちに計画的に家出をして音信不通になることも考えられます。

危険な場合として挙げられるのが初めての家出や心理的に追い込まれていることが多く、非行や犯罪に巻き込まれる可能性があるためです。

子供が家出したら、親はまずどういった行動をしたらよいでしょうか。

長時間帰宅しない場合は警察への届け出を行うと思いますが原則として警察は何か事件などが起きてからでなければ動けません。

「そのうち帰ってくるだろう」という認識でいると事件に巻き込まれてしまうこともあり得ます。

そのため、なるべく早く探し始めなければいけません。

家出調査のプロである探偵の方に話を聞くと、まず行うこととして、子供の私物を確認することを推奨しています。

部屋に手紙が置かれていることもあり、その中には家出先の情報やそもそもの家出の原因が究明できることがあります。

急に大切な人が家出したという場合、最も重要なのは少しでも早く捜索を開始することです。

喧嘩した旦那だろうが気の合わない姑だろうがこの場合関係ありません。

家出を単なる家出と考えて放置してしまうと思わぬリスクや事件を招く恐れがあります。

しかし、通常生活を営んでいるとまず、家出人探しをすることはないと思います。

家出調査のプロとも言える探偵事務所の方に家出人探しの方法を聞きました。

警察による捜索を想像する方も多いと思いますが、他にも自力での捜索や探偵に依頼して捜索の3タイプに分類されます。

警察による捜索は事件性が高いと判断されないとあまり積極的に動きません、多くの人は最初は自力での捜索を考えると思います。

その場合は所持品の確認をして意図的か事件性がありそうか判断しましょう。

家出調査などを行う探偵を依頼時に間違えると色々なトラブルが起こることがあります。

例えば、「発見率98%以上の実績!」という広告を見て依頼を考えたところ、いい加減な調査をされてしまうことなどです。

所在地が判明したと連絡を受けて行ってみたら無人だったという話もあります。

その人の場合では帰宅後に探偵へ連絡をして確認したところ「尾行調査ではないから撮影の必要がない」と証拠写真もないという状態でした。

こういったトラブルに巻き込まれないように成功率が不自然に高い数字の場合は少し疑って見ることや証拠写真などを見せてくれるか打ち合わせ時に確認しておきましょう。

どんな行為もやり方は複数存在しますよね。

それは家出調査でも同様のことが言えます。

主な方法としては自力で捜索、警察による捜索、探偵を利用して捜索の3つに分かれます。

ほとんどの場合、自力での捜索と探偵を使っての捜索をする形になることが多いです。

その理由としては警察は基本的に何かが起きてからでないと動けないからです。

そのため、まずは家出人の私物を確認することから始めましょう。

例えば、洋服や大金を持っているのがわかれば意図的な家出と判断できますし、仮に遺書なんかが出てきたら命に関わることなので警察も動いてくれる可能性が出てきます。

引用:子供の家出・行方不明捜索・人探しにおすすめ【安い探偵事務所】